弁護士・公認会計士・税理士のワンストップサービスなら

小野智映子法律事務所
小野陽祐公認会計士・税理士事務所

弁護士事務所へ御用の方

086-282-0048

会計士・税理士事務所へ御用の方

086-728-5944

お問い合わせフォーム

[受付]平日 9:30〜17:00 ( 平日夜間、土日祝に関しては事前にご相談ください。)

HOME > 弁護士費用

弁護士費用について

弁護士費用に関しては下記のようなものがございます。また事件の内容によっては増減額することがございます。詳細は弁護士にお尋ねください。

法律相談料

法律相談を行う費用です。


・初回相談料30分5,000円(税込)

・2回目以降、原則30分あたり5,000円(税別)


※正式にご依頼いただいた場合は、着手金に充当させていただきます。

※但し、返金することはありません。

着手金

事件の依頼をお受けした時に頂く費用です。途中で契約を解消した場合でも原則ご返還できません。


事件の経済的な利益の額が

・125万円以下の場合・・・20万円

・125万円を超え300万円以下の場合・・・経済的利益の8%

・300万円を超え3000万円以下の場合・・・5%+9万円

・3000万円を超え3億円以下の場合・・・3%+69万円

・3億円を超える場合・・・2%+369万円


※事件の内容や相談者様のご事情に応じて、ご相談の上決めさせていただいております。詳しくは、法律相談の際に弁護士までお尋ねください。

※事件の内容によっては増減額することがございます。詳しくは、法律相談の際に弁護士までお尋ねください。

報酬金

事件が解決したことに対する成功報酬です。


事件の経済的な利益の額が

・300万円以下の場合・・・経済的利益の16%

・300万円を超え3000万円以下の場合・・・10%+18万円

・3000万円を超え3億円以下の場合・・・6%+138万円

・3億円を超える場合・・・4%+738万円


離婚調停の場合は着手金30万円~ 報酬金 30万円~


※事件の内容によっては増減額することがございます。詳しくは弁護士までお尋ねください。

※また、一定の資力要件を満たす場合には法テラスを利用することもできます。

経済的利益とは?

通常、事件において請求する(請求される)金額や不動産の価値を指します。
ただ、経済的利益を算定するのが困難な場合は、事案の内容や解決に至る手間、難易度、事案の影響などを考慮して、相当とされる金額にて、着手金や成功報酬をお願いしております。

ページ先頭へもどる